TRAIN CORPORATION

  1. HOME
  2. 商品情報
  3. ayur・chair

PRODUCTS

ayur-chair

ayur chair

世界で初めて日本人の身体特性に合わせて開発された「坐骨で座る」がコンセプトの姿勢矯正チェアー。
特許取得。特殊な形状の小さな座面に脚を開いて座ることで坐骨で座る形となり、骨盤を立てた理想的な姿勢がつくられ、腰や肩など身体への負担が軽減される。

BRAND STORY

2005年10月発売。
日本人特有の姿勢の悪さ、日本人と欧米人の身体特性の違いに着目し、3年の歳月をかけ開発。
同年12月、本来競合する家具メーカー3社(イトーキ、コイズミファニテック、バルス)が参画し、アーユル・チェアーのコンセプトに基づいて4社それぞれのデザインで発売するという業界初のプロジェクトをスタート。数多くのメディアから注目された。

六本木ヒルズ「アカデミーヒルズ」で行われた4社合同記者発表会

左より
株式会社イトーキ 代表取締役社長 金子清孝氏
コイズミファニテック株式会社 代表取締役社長 川瀬文雄氏
株式会社トレイン 代表取締役 長谷川康之
株式会社バルス 代表取締役社長 高島郁夫氏

2012年以降、企業や学校、進学塾などへの導入が広がっている。

■学校・学習塾
・慶應義塾高等学校
・成蹊大学
・港区立東町小学校
・関西国際学園
・文教大学付属小学校
・早稲田アカデミーIBS
・eisu
ほか

■企業
・三井不動産
・ドコモ・サポート
・UHA味覚糖
・DeNA
・JINS (ワーキングスペース「Think Lab」)
・プレステージ・インターナショナル
・ベル ジャポン
・J-WAVE
・FMヨコハマ
・メトロポリス・スタジオ(ロンドン)
・ネクストビート
ほか

■寺院
・浄土宗光琳寺

【受賞歴】
■ 2007年、グッドデザイン賞受賞
■ 2008年、ロハスデザイン大賞ノミネート
■ 2018年、健康医療アワード受賞
  (医師を中心に構成される日本健康医療学会より、3千品目の健康関連製品から選ばれる)
東急ハンズ、アーユル・チェアー原宿直営店および公式サイトで展開。

第一弾モデル(カッシーナ・イクスシーコラボレーション)2005年
アーユル デスク
第二弾モデル(KOTOBUKI コラボレーション)※キャスタータイプ・丸ベースタイプ 2006年

2007年度グッドデザイン賞受賞
2008年ロハスデザイン大賞ノミネート
2012年から学習塾「早稲田アカデミーIBS」の全教室、「eisu」「文教大学付属小学校」などに導入
2015年アーユル・チェアーブランド10周年
2016年慶應義塾高等学校、港区立東町小学校、関西国際学園の教室に導入/株式会社プレステージ・インターナショナルに導入

特別仕様モデル「アーユル・チェアー01(ゼロワン)」発売



座イス&座面シートタイプ発売 2015年
スツールタイプ発売 2016年
あぐらイス発売 2018年